menu

初心者の金魚〜飼育法〜

保温器具の役目

金魚はある程度の寒さや熱さにも耐えられるのですが、水温が一定である方が元気に活動するのでヒーターがあると何かと都合が良いと思います。

ヒーターのワットも50W~500W位までのが売られてます。水槽が大きいのにワット数が小さいと設定した温度になりません。それに寿命が早くなってしまうかもしれません。

60cm水槽なら150W~200W位を目安にしましょう。

サーモスタットとは温度をコントロールしてくれる装置です。

ヒーターの種類

ヒーター単体(オートヒーター)

ヒーター単体の場合温度は26度に固定されてるのが一般的です。しかしこれは26度以上でもそれ以下にも設定できないので何かと不便かもしれません。


ヒーター単体(オートヒーター)

ヒーターとサーモスタットが一体型

サーモスタットとヒーターの一体型は別々のより若干格安になってますがヒーターが故障してしまうとサーモスタットごと交換しなければなりません。最近では交換出来るのも販売されてるようです。


ヒーターとサーモスタットが一体型

ヒーターとサーモスタットを組み合わせる

どちらかといえば別々の方がオススメです。長い目で見れば別々の方がお得になります。


ヒーター単体


サーモスタット

ヒーターは事故防止のため2本セットする方が良いのかも知れません。

特に冬になると一日中ヒーターが稼動しっぱなし(場所によりますが)なので、一本だけの場合故障してしまうと、水温が急激に下がり、金魚が弱ってしまう事もあります。

それを防ぐためにも2本をセットする事をおすすめします。

※注意

ヒーターは水中以外ではコンセントを抜いてください。

空中でコンセントが入ったままだと、加熱で発火の恐れがあります。また、そうでなくても周りの物を溶かしたり焦がしてしまいます。

飼育用品の中で一番取り扱いには注意をしなければならない物です。


金魚用品の通販メニュー
金魚の臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top