menu

初心者の金魚〜飼育法〜

CATEGORY金魚の豆知識

金魚と水草

水槽と金魚と水草 水槽内に水草があるとないとでは、かなり印象が違って見えます。金魚を飼育する事は楽しい事ですが、さらに水槽内を水草でキレイにディスプレイする事でより一層楽しくなると思います。水草には沢山の種類があり、水槽内に水草だけを育成…

薬浴中の水草

金魚が病気になった時水槽に薬を投与しなければならない時、水草は外に取り出さないと枯れてしまいます。基本的に薬浴の薬はほとんどの水草を枯らしてしまいます。 薬浴する前に水草をとりだ出し、水できれいに洗います。念のためにグリーンFなどを溶…

薬浴の温度

病気の金魚を薬浴させる時の温度ですが、通常効率が良いとされるのは水温25度~28度とされています。出来るだけこの水温での薬浴をオススメします。ですが冬の時期に急に温度の違う高い水に移すのは、金魚を弱らせてしまうため、保温器具を使い少しずつ慣…

水の色が緑

ある日水槽の水が緑色になっていると気がつく事があります。それはアオコと呼ばれている植物性プランクトンが大量に発生したため緑色になるのです。 池などでは良く見かける現象ですが、水槽で発生しても特に問題はありません。逆に水質が安定している…

家を数日空ける時の金魚は?

金魚水槽が家にあるのに、旅行や出張などで家を空けなければならない時、金魚はどうすればいいのでしょうか?それは特に問題ありません。 金魚は一週間位何もエサを与えなくても何も問題はありません。安心して旅行、出張して下さい。もちろん濾過装置…

金魚を買う時期と季節は?

金魚は1年中販売されていますが、初めて金魚を購入する時は4月~10月位の間で比較的暖かい時期が良いでしょう。 それはやはり冬の時期は寒く水温も低くなりやすいため、元気の無い金魚、または体力の低下してしまう可能性があるので避けた方が良い…

金魚とPH(ペーハー)について

PHとは水の酸度ですが、水が酸性か、アルカリ性か、中性かを現す記号です。金魚が好む水の性質は、ほぼ中性で7.0PHもしくは6.8PHの弱酸性~、弱アルカリ性の7.2PHです。 どちらにしてもほぼ中性の水が金魚に向いています。水道水が丁…

自家製配合飼料

金魚飼育のベテランは自分で配合飼料を作る方もいますが、金魚の知識が必要なので初心者には難しいかもしれません。また最近の販売されている飼料はいろいろな種類があるので特に初心者の人でも問題なく金魚が飼育できるので配合飼料は作らなくても良いと思い…

種類の違う金魚

金魚には主に3種類の体型がありますが、一緒に飼う事はオススメ出来ません。なぜなら金魚は体型によって、泳ぎが得意だったり成長が早く大きくなる差があるからです。 そのため、エサを与えても動きが早い金魚が多く食べ動きが遅い金魚があまり食べれ…

金魚が他の金魚を追い回す

春から初夏にかけて水温が暖かくなって来る時期に金魚は繁殖期になるので、オスがメスを追いかけ、腹部をつついたりする行動をします。 これは自然な行動なので特に心配するような、イジメてるとかではありませんので、安心してください。反対に産卵期…

さらに記事を表示する
Top