menu

初心者の金魚〜飼育法〜

症状

別名イクチオボド症、キロドネラ症ともいいます。体の一部やヒレなどに、白い雲状の斑点が発生し、段々と全身を覆ってしまう病気。

これにかかると、食欲がなくなり水底でじっとしている事が多くなります。エラに発生すると呼吸困難で死ぬ事があります。

原因

鞭毛虫のイクチオボド(コスティア)又は、繊毛虫のキロドネラが、皮膚に寄生した時に発症します。前者は約15ミクロン、後者は約50ミクロン程の大きさです。

白い雲状の反転は、寄生虫の刺激により金魚が多量に分泌する粘液です。寄生虫はこの粘液をエサとして、さらに増殖します。

治療

濃度1%の食塩水に、30分ほど浸けるようにします。これを数日間繰り返します。また、ホルマリン25PPM溶液に1~2日浸けても効果があります。水質が悪化すると発生し易い病気なので、日ごろの水質管理をしっかりやりましょう。


金魚用品の通販メニュー
金魚の臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top