menu

初心者の金魚〜飼育法〜

病気の金魚を薬浴させる時の温度ですが、通常効率が良いとされるのは水温25度~28度とされています。出来るだけこの水温での薬浴をオススメします。ですが冬の時期に急に温度の違う高い水に移すのは、金魚を弱らせてしまうため、保温器具を使い少しずつ慣れさせてから薬浴させましょう。

薬浴の薬は、金魚が呼吸するためにエラから体内に入り、血液に混じって全身に回ります。この効率はやはり金魚が活発に活動できる温度の方が回りが速いようです。そのため25度~28度がもっとも効率の良い温度となります。


金魚用品の通販メニュー
金魚の臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top