menu

初心者の金魚〜飼育法〜

症状

皮膚に赤い小さな出血斑が出来、酷くなると粘液を異常に分泌し白雲状になります。エラに寄生された場合は、エラの色が濁った赤になり腫れあがります。そして呼吸困難になり死に至ります。

原因

繊毛虫のトリコディナが皮膚やエラ、ヒレに寄生して起こる病気です。トリコディナは丸い形をしていて、周囲に細い毛が生えています。この毛を動かしながら、円盤のようにぐるぐる回って移動し、金魚の体に取り付きます。同じ繊毛虫のキロドネラが寄生しても、トリコディナ症と同じような症状が現れます。

治療

発生しないように、水質をきれいに管理するのが一番です。この病気にかかったら、水100リットルに2.5㏄のホルマリンを加え、1~2日間薬浴させると効果があります。


金魚用品の通販メニュー
金魚の臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top